Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shinonome428.blog81.fc2.com/tb.php/241-bd6abd55

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

社員の福利厚生。

福井県に社員旅行してきたので軽くまとめます。

■バス宴会
バスに乗り込んだら先輩社員がゴロゴロとビール持ち込んでた。
俺ともうひとりの同期はバス後ろ側で、お酌要員として福井につくまでの
間ひたすらスーパー接待タイムだった。
「メーメー、ビールや!」
「メーメー、焼酎や!」
というオーダーを同期と一緒にさばいていた。

朝の9時出発で旅館到着が17時だったので、まるで勤務のよう!
まぁ仕事と比べりゃ自分も飲んでるし全然ラクなんだけども。

40半ばくらいの先輩社員が、寝てる人の顔にラクガキしまくってたのが
衝撃的だった。「寝てるのが悪いねん! ふはははは!」と、
高笑いしているのを見て、オトナの世界はまだまだ底が見えないと思った。
いやー、普段はバリバリ働く妻子持ちのちゃんとした人なんですけどね。

俺にもマジックペンを渡して、「部長に描いてきたれ! これができたら
お前は課長や!」と鉄砲玉にされかけた。課長まで乗っかるからタチが悪いw

結局、同じ課の先輩が物凄い形相で止めたのでうやむやに終わったけど、
今にして思うとホントに乗っからなくて良かったね。
俺は自分でも信じられないくらいフリに正直に答える瞬間があるから、
ヘタしたら机無くなってたかもしれないよね!

■旅館宴会
「1泊2日で2万は高いなー」と思っていたけど、旅館が割と豪勢でびっくりした。
でかい温泉、でかい鯉が泳いでいる日本庭園、ダンスホールに麻雀卓まである
バブルのニオイがプンプンする旅館だった。
流石に合宿の旅館とは一味違うな……これが労組財力か。

仲居さんがヘンな人でビビった。部屋に入って旅館の案内ついでに、
「女の子が必要だったらココ紹介するわね!」といってピンサロだかキャバクラだかの
チラシを握らせてきた。この旅館どうなってんだよ! 田舎過ぎて
日本のバブルが終わったのを知らないんじゃないのか。


とりあえず、ひと風呂浴びて至福のひととき。久しぶりのサウナ。
流石に温泉に接待は無いから天国みたいだった。
ここにきてやっと旅行の醍醐味を感じた。

宴会では福井名物のカニ三昧! 焼きカニ、茹でガニ、カニ刺身、
カニそば、カニ雑炊等々、カニばっかり。でも新人の仕事は接待なので、
宴会場をぐるぐる回って酒ついで回ってました。
でも、みんなカニに必死だから「いや、今はええ」と突っ返されたりして
中々やりづらかった。カニはいいけど社員旅行には向かないよ!

支社長から「酌はエエから君たち新人もカニを食べなさい」という有難い
言葉をいただいて、ぶわーっと貪るようにカニ食った。
カニミソ感動的にうまかった。食い終わる頃には「もうカニはとうぶんいいや……」
という気分になった。うまいけど飽きる味なんだな、カニって。


カラオケ機がついていたので、カラオケタイムみたいなものがあった。
歌う社員のランクが上がるにつれてグルーヴ感があからさまに違うのが面白い。

・ペーペー→ みんなカニ食ってる
・中堅  → 同じ中堅が盛り上げに入る
・管理職 → 社員全員がステージにあがり、腕を組んでコーラス隊になる

支社長が歌うサザンの「tunami」で大団円を迎えました。
これはこれで案外、面白いもんだなー。

■部屋飲み
旅行先での飲み会といえば、大五郎を記憶を失うまで飲み続けて翌日
スクラップになるもんだとばかり思っていたけれども、プロ野球みながら
ダラダラ飲んでる気楽な飲みだった。

先に寝た若手社員からマジックでラクガキされるシステムで、俺より先に寝た
先輩は顔がカールおじさんみたいになってた。油断もスキもねえなぁと思っていたら、
翌日俺の眉毛が両津勘吉みたいになっていた。

■陶芸体験
福井の田舎町で陶芸をやってきた。歩道に人っ子ひとりいないような
ド田舎で、こんな所で産業が成り立つのかと思った。
無駄に敷地が広くて緑豊か。二日酔いもあるし、陶芸なんかよりここで
ゴロ寝したいよなーとか考えてたけど、案外陶芸は面白かった。

以前俺をキャバクラに連れて行って財産を巻き上げた先輩こと
ナカオさん(仮名)は、悪ノリで余った粘土をつかってチンコを
作っていたらしい。俺も一瞬考えたけどホントにやったか! 流石!

■越前そば
信州そばの方が50倍はうまかった。
これくらいのそばなら会社の裏のそば居酒屋で食えるよ!

■神社
気比神宮とかいう所に参拝した。案外ショボい所でビックリした。
観光ボランティアのおばちゃんが、境内の手洗い場を指して
「そこの湧き水を飲むと10年寿命が延びるんですよ」と説明していたが、
俺は旅行中に寿命が縮まる水をしこたま飲んでるんですよと言いたくなった。

日本で3本の指に入る程の木造の鳥居があるというフレコミだったけど、
存外にショボかったのでびっくりした。こりゃ残りの2本も底が知れるぜ。
これはガッカリ神宮としてカウントできるなと思った。

■市場
最後は市場で土産を買う時間。この時間が一番ワクワクしたかも。
カニなんて高級品には手が出ないにしても、鯖寿司や鯖へしこ、
干物や塩辛なんかを色々試食するのは美味しく楽しかった。

同期が食い物にてんで無関心な奴だったので少し寂しかった。
こういう時に美味しんぼかぶれの奴がいてくれれば……
まぁそれはそれで調子に乗りすぎて食中毒になったりするんですけれども!

北海道の市場では、白子の燻製やら石狩漬けやら美味しいものが
たくさんあったけど、敦賀湾の名産品はちょっと一歩劣るかなーと思った。
へしこは美味しいんだけど感動的ではないんだな。
どれも海鮮に強いスーパーに行けば食えるんじゃないかっていうのが多かった。

市場に併設してあった海鮮丼屋に、「北海丼」というメニューがあるのをみて、
もうちょっと頑張れよ福井と思わずにはいられなかった。

■帰り
みんなクタクタに疲れて寝ていた。酒に強い中年だけが焼酎飲みながら
話してた。おっさんの肝臓は一体どうなっているのだ。

みんなクタっとしていたし話題も特に無かったのでとりあえず寝てた。
そして気付けば大阪に戻っていた。ああ、福井と比べると超都会だな大阪……

翌日は仕事だなー、全然終わってないけどどうすっかなーと
憂鬱になりながらバスを降りた。

///

当初めんどくさいばっかりだと思っていた社員旅行ですが、案外エンジョイして
帰ってきました。ああ、仕事抜きで遊ぶ分にはこの人達は凄く良い人で
楽しい大人なんだなぁと思った。好きな人だと感じると、逆に一緒に
働きたくない俺のどうしょうもない心情もあるわけだが……!

特に変な伝説も作らずに無事帰りました。
やっぱり旅行はいいっすね。年末休暇に誰か誘ってまたどっか行きたい。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shinonome428.blog81.fc2.com/tb.php/241-bd6abd55

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

yg

Author:yg
コンピューターの仕事に就いてます。
ちょっとえろい所がチャームポイント。

長所:自分大好き
短所:思いやりが無い
好きな食べ物:下品な味がするもの
好きなキャラ:メカとヒーロー。
好きな音楽:皆が好きな歌は好きです。
かわいいと思う人:Rioだけはガチ
年齢:中二病治りません
血液型:B
好きな店:ブックオフ
苦手なこと:チームプレー
得意なこと:スタンドプレー
趣味:NHK教育を観ること
好きなタイプ:笑いの沸点が低い人
嫌いなもの:オシャレなもの

ついった
http://twitter.com/yg0079

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。