Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shinonome428.blog81.fc2.com/tb.php/251-7616ebf4

トラックバック

コメント

[C120]

ウィナーズ・アソシエーション
www.winners-association.com

[C121]

年末とは違うタイプの終末感が漂っていたなぁ。普段歩いている歌舞伎町の中にあんな空間があったことが存在していることが、いまだに変な感じがする、
いい経験にはなったが、もう二度と行きたいとは思わないな。

オレの誘いに乗ってくれてありがとでした。
  • 2010-12-31 17:21
  • 某匿名希望
  • URL
  • 編集

[C124]

いやはや貴重な経験でしたね。
俺はもうちょっと年取ったら...あのダンサー達が
年下になるくらいの年齢になったら
もっかい行ってみたいですねー。
面白い企画(?)ありがとうございます。
  • 2011-01-03 01:09
  • yg
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

場末のストリッパー

■前回までのあらすじ
大阪から忘年会のために東京に来たものの、その後なんの予定も
アポも無く来たものだから、マジでどこにも行かず、何もやらずで
帰るハメになりそうだったのでどうしようかと途方に暮れていた所、
某氏(本人希望により匿名)に誘われて歌舞伎町のストリップを
観に行くことになった。

■そして歌舞伎町
朝方の歌舞伎町は相変わらずのカスっぷりで、流石の安定感。
大阪が日本一治安の悪い土地である事は間違いなくても、
このホントにどうしょうもない感じはミナミでも中々お目にかかれない。
ストリップなんて外国の映画でしか見たことないし、いったいどんな
感じなんだろうと思いながら、ストリップが始まる10時を待った。

調べた所によれば、市役所(区役所?)の裏にあるらしい
ストリップ劇場は早朝割引3600円で、一回入ったらずっとダラダラと
観劇できるらしい。なんか俺が知ってるアメリカの映画とは
だいぶ違う料金体系である。

俺の考えるストリップというのは、猥雑な酒場でアウトロー達が
ショーダンサーを肴にしてわいわい酒を飲むというイメージで、
下品だけどちょっとワルくてファッショナブルだと思っているのだ。

そこで、早朝割引3600円見放題というのはなんだか違う。
嫌な予感がするぞと思いながら時間は過ぎ、開場時間がやってきた。


某氏と訪れたストリップ劇場は、なんてことないボロい雑居ビルの
2Fにある小さなスペースだった。「ホントにここでストリップが?」と
思いながら入ってみれば、蛍光灯の貧乏くさい照明に小さなステージ。
くたびれたおっさん達がカップ酒を飲みながら、駅にあるような
固くてしょうもない椅子に座っている。
壁に貼られたダンサーの写真は一昔前のAV女優のようである。
会場脇に置いてあったテレビがAVを垂れ流しにしていたが、
恐らくAV女優出身のストリッパーもいるのだろう。

「なんかこう...イメージと全然違いますね」小さな声で
某氏と囁きあった。冷やかし半分で来た俺達と違って、周囲の人間は
割とマジメにストリップを観に来ているようで、少し場違いさを感じた。
みんな、ストリップを観るだなんてちょっとワルいファッションじゃないのか。
そんなガチな姿勢で観に来るもんなのか。

そして開宴の時間がやってきた。ショボいマイクの音声が、開幕を伝える。
ボロいカーテンの奥から、陽気な洋楽をBGMにしながらストリッパーが
出てくる。30代後半か、若作りした50代前半みたいなおばちゃんだ。
俺はその時、ちょっとした恐怖のようなものを感じた。
これは、俺が人生で初めて経験するタイプの「異様」だった。

変なおばちゃんが、変な舞台の上で、変な格好をして踊っている。
おばちゃんの後ろでは安っぽい赤・青・黄色の電球がピカピカ光っている。
違う、俺の考えていたストリップは断じてこんなものではない。
もっとインモラルでオシャレなものではなかったか...日本は海外の文化を
うまくコピーしてより良いものに昇華するのではなかったか……?

ストリップは演者1人につき5部構成になっていて、
最初はドンキで買ったような安い衣装を着てフツーに踊り、
次は薄着で踊る。次に下着姿で登場して踊りながら下着を脱いで全裸になる。
ここで踊りは一旦終わり、「ポラロイド撮影コーナー」に移行する。
希望者はストリッパーとツーショット写真を500円で撮れるという。
メイド喫茶のチェキ撮影と相場は同じである。相手が全裸という時点で
メイド喫茶よりもおトクな感じもするが、絶対に違うと俺は自分の
コスパ計算を全力で否定した。
ポラ撮影終了後に軽くカーテンコールのような感じで踊って終了。
これが延々と3時間続く形だ。


ストリッパーがいよいよ全裸になって踊るという時間は衝撃的という
以外なんとも形容しがたいものだった。

先程まで陽気に踊っていたストリッパーが、少しセクシーなBGMに乗せて
タコのようにクネクネ踊り始める。(俺はこれを『タコ踊り』と呼んでいる)
タコ踊りの中でうまい具合に下着をそそっと脱いで、ステージ上で
全裸になるストリッパー。そして、ゆっくりゆっくりと足を開き始める。
「こ、これは...観音様が出てくるのか!?」と俺は戦慄した。
観客たちの目線は、観音様の御開帳を今か今かと待ちわびるように
恥丘(ビーナスの丘)を見つめている。

そしてBGMが最高潮に達したとき、ついにストリッパーの脚が大開きになり、
観音様が眼前に飛び出した。会場では拍手が湧き起こり、
バックでは例の安っぽい電球がひときわピカピカピカーッと光りだした。
なんというクライマックス! 俺は軽い目眩を感じながら周囲に合わせて
拍手を送った。「マンコが見えたら拍手をする」というお約束があるのだと
俺は知った。こんな衝撃的なカルチャー体験があったものか。
戦後日本に未だこのような文化が生き残っていたのである。

呆然としたままポラロイド撮影タイムに移行。4,5人くらい撮影していた。
壁には「ポラロイドの転売厳禁」と書いてあったが、一体誰がどうして
いくらぐらいで取引するのかが気になった。会場に居る老人たちの
素性の知れぬ感じがまたこわい。


そして次のストリッパーがやってきて、踊って、タコ踊りに入って、
マンコ開いたら拍手が起こって...という繰り返しを観ていた。
ストリッパー毎にダンスの趣が違っていて面白かったりもする。
基本的にタコ踊りはみんな似たようなもんだが、その前のダンスは
いろんな曲、スタイルがあるのだ。

そして3人目という時、とんでもない事が起こった。例のタコ踊りが
終わって撮影か...という時になって、ストリッパーが観客の前に来たとき、
観客がストリッパーのオッパイを堂々と触り始めたのである。
「え...お触り禁止じゃなかったの?」と呆気にとられる俺と某氏を尻目に、
おっさんはオッパイ触って握手までしている。これは何事か。

ストリッパーは陽気に言う。「ハイハイみなさん、オッパイ触っていって下さいねー」。
俺の心のなかにドリフの舞台があるとして、その舞台セットが大崩落する瞬間が
それだった。舞台セットというか、スタジオそのものが崩落した。

目の前で全裸の女が、ひとりひとり最前列の老人達に乳を触らせに歩いている。
たぷたぷと揺らされる乳。ここはホントに俺達の知る日本なんだろうか。
某氏は「yg、触ってきなよ」と俺をつついたが、さすがに後ろの席から
わざわざ立ち上がってステージの前に行く度胸もなく、おずおずと
眼前の光景を眺めていた。

「……出るかぁ」

某氏のつぶやきに頷いて、俺達はそそくさとストリップ劇場をでた。
観劇時間90分。入場料3600円。高いのか安いのか、そんな勘定が
できないくらいに、俺達は静かに混乱していた。
正午を回った歌舞伎町は、単なる飲食街に姿を変えている。
平和なこの国の、ちょっとヤバめなこの街で、
日夜変な営みが繰り広げられているのを俺は知った。


うどん食って某氏と別れ、大阪に戻った後も俺は忘れられない。
ピカピカ光る三色電球、拍手の音、「オッパイ触っていって下さいねー」。
世の中には知らなくても全く問題無い、俺の知らない世界がまだまだある。
今回はその一端を覗き見たような気持ちになった。
2010年も今年で終わりという年の瀬に起こった、小さな事件だった。
異世界のチケット3600円。高いか、安いか?

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shinonome428.blog81.fc2.com/tb.php/251-7616ebf4

トラックバック

コメント

[C120]

ウィナーズ・アソシエーション
www.winners-association.com

[C121]

年末とは違うタイプの終末感が漂っていたなぁ。普段歩いている歌舞伎町の中にあんな空間があったことが存在していることが、いまだに変な感じがする、
いい経験にはなったが、もう二度と行きたいとは思わないな。

オレの誘いに乗ってくれてありがとでした。
  • 2010-12-31 17:21
  • 某匿名希望
  • URL
  • 編集

[C124]

いやはや貴重な経験でしたね。
俺はもうちょっと年取ったら...あのダンサー達が
年下になるくらいの年齢になったら
もっかい行ってみたいですねー。
面白い企画(?)ありがとうございます。
  • 2011-01-03 01:09
  • yg
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

yg

Author:yg
コンピューターの仕事に就いてます。
ちょっとえろい所がチャームポイント。

長所:自分大好き
短所:思いやりが無い
好きな食べ物:下品な味がするもの
好きなキャラ:メカとヒーロー。
好きな音楽:皆が好きな歌は好きです。
かわいいと思う人:Rioだけはガチ
年齢:中二病治りません
血液型:B
好きな店:ブックオフ
苦手なこと:チームプレー
得意なこと:スタンドプレー
趣味:NHK教育を観ること
好きなタイプ:笑いの沸点が低い人
嫌いなもの:オシャレなもの

ついった
http://twitter.com/yg0079

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。